1. 明治けんこう宅配便 HOME>
  2. 会社案内>
  3. 顕幸の想い

顕幸の想いPhilosophy

社訓・社会的使命

社訓

  • 謙虚自分が成長するために、
    周囲から多くを与えられている
    ことを知る、そのような謙虚な
    気持ちを社員一人ひとりが
    大切にします。
  • 感謝すべてをあるがままに受けいれ、
    感謝していくことで、さらに
    自分を前に進めていくことが
    できるというのが私たちの
    考えです。
  • 楽しむ良い結果にたどり着くまでの
    苦労にも楽しさを見出す。
    私たちは本当に仕事を
    楽しむために、困難や苦労をも
    楽しみたい、そう感じています。

社会的使命

  • Social Mission 01 各家庭に喜びを届け、地域社会の幸福に貢献
  • Social Mission 02 健康と安全、コミュニケーション社会の構築

代表の想い

代表メッセージ Message 地域社会の幸福実現に向けて 株式会社顕幸 代表取締役 野澤幸弘

人の幸福感はさまざまだとは思いますが、食卓が幸福を生み出す基本だと考えます。
家族や友人が食卓を共にしながら日々の喜怒哀楽を分かち合うことで、人と人との結びつきが強くなり、幸せを築いていく。さらに、人との結び付きの強さが地域をより元気にしていくのです。
そして人が健康で長生きなこと。これも食卓から生まれます。適度な運動と栄養のバランスのとれた食事が健康な体を作ります。自己実現が幸せを作るとするなら、やはり健康があってこそ。宅配事業を通じて、地域の人たちの「食卓の充実」に貢献することが私たちの使命です。

戦後から70年が過ぎ、世の中は大きく変わりましたが、依然として変わらない日本の風景があります。それが「牛乳宅配」です。ネット時代となりコミュニケーションの取り方が劇的に変化する中で、牛乳宅配は変わらず、人と人が直接顔を合わせ、会話を交わす。そこには自然と笑顔が生まれます。「牛乳宅配」は人との結びつきを強くし、地域をより元気にできる仕事なのです。配達員が元気に声掛けすることで「元気をもらえる」と言う声を数多くいただいております。お客様の危機を発見して救うことも年に一度や二度ではありません。お客様の家族の方よりも会話の時間が多いということもあります。

一日一本で不足気味な栄養素を補給するという概念で作られた明治の宅配商品を地域の食卓に届け健康に寄与するとともに、家族のように接することで笑顔を広げていく――。
私たちはこれからも、地域社会の幸福実現に向けて邁進していく所存です。

代表取締役 野澤 幸弘